内臓脂肪ってなんだ?

内臓脂肪とは腹筋の内側の壁の腹腔内についている脂肪のことです。
内臓脂肪のおかげで内臓はしっかりした場所にあり続けることができるし、衝撃を和らげるクッション的な役割を持っています。
ただ、こちらは標準量の話です。内臓脂肪によって正確な位置にあるために必要な脂肪量はそこまで多くなくて問題ないわけです。
内臓脂肪が多いことによって生活習慣病を引き起こす原因につながります。

 

ここでポイントを1つ。
内臓脂肪は代謝が活発です。つまり消費されやすいカロリーなので、ここの落としやすさは高いです。
なので、すぐに効果が現れる箇所といっていいでしょう。

 

内臓脂肪を落とす3つの方法

食事を見直せ

 

摂取しすぎたエネルギーが内臓脂肪を作り出します。
そのため、内臓脂肪のもとになるカロリーをはじめ、
あなたの生活習慣ならびに食事を見直す必要が出てくるわけです。

 

成人の摂取カロリーは1,800〜2,200kcalと言われています。
一日の基礎消費(何もしなくても消費されるカロリー)を相殺されるので、これなら太ることはありません。
摂取するカロリーが消費されるカロリーを下回れば、そこから脂肪が使われて「痩せる」という現象が起こります。

 

痩せたいのなら、つまり、体重を減らしたいのなら、
@消費カロリーを増やす
A摂取カロリーを減らす

 

このどちらかに行き着くわけです。

 

有酸素運動でカロリー消費をしよう

 

有酸素運動をしてカロリーを消費させましょう。
運動する量を増加させることでその日の消費されるカロリーを増やすことが目的です。
内臓脂肪を減らすことに必要な有酸素運動をほんのすこし掲載させていただきます。
※有酸素運動とは、呼吸によって十分な酸素を体内に取り入れながら行う運動を指します。

 

有酸素運動を30分続けた場合
ウォーキング 約50kcal
ジョギング 約240kcal
自転車 約90kcal
水泳(平泳ぎ) 約270kcal
水泳(クロール) 約520kcal

 

筋肉量を増加して一日あたりの基礎消費を上げる

 

身体を構成する筋肉量が増加されれば一日で使われるカロリー消費増加されます。
筋肉量があがることで代謝がよくなるので、いつも使われるエネルギー量の総量が増加し結果として基礎消費があがります。
運動するのがダイエットに有効なのは運動するだけで、
有酸素運動によってカロリー消費を上げ、増加する筋肉量が一日に使う基礎消費を底上げしてくれるからです。
仕組みが分かりましたでしょうか?

内臓脂肪を落とすのに最適な商品ランキング

イマークS

イマークS

「イマークS」は、海のニッスイが開発した、日本初の「EPA(エイコサペンタエン酸)」特定保健用食品です。EPAには血中中性脂肪を低下させる働きがあり、この「イマークS」には1本で1日に必要なEPA量の8割が含まれております。毎日1本ずつの摂取で2ヶ月後には血中中性脂肪値が減ったという実績も。

内臓脂肪を減らせた最も大きい理由の1つがこの「イマークS」を飲み続けたからだと自信を持っていうことができます。
飲みやすく値段も安いので内臓脂肪を落としたい人には大変おすすめです。

 

イマークS

 

メタバリアスリム

 

こんな方にオススメです!
・ズボンの体型が変わった方
・運動の習慣がない方
・野菜をあまり食べない方
・外食が多い方
・健康診断に気乗りしない方
・食生活が不規則な方
・毎朝スッキリしたい方

 

 

 

 

パーソナルトレーニングジム【24/7 ワークアウト】

有名パーソナルジムトレーニング。内臓脂肪を落とすだけじゃなく、身体の全てを帰るパーソナルジムトレーニング。(その分きついですw)体重から内臓脂肪、皮下脂肪、メタボ、もう全部解消することができます。(その分きついけどw)

健康はかなり大事なのでお金に余裕があれば絶対にいったほうがいいと思いますよ。
内臓脂肪がひどくすっかりぽっちゃりキャラになってしまったあなた。

 

この機会に周囲を見返してやりましょう!某ライザップよりも値段が安く、とても満足感が高かったです。